信用機関の延滞情報、事故情報とは

融資を利用することができない人の名前が連なっている、ブラックリストがあるといいます。
ブラックリストとは架空のもので、金融会社はそんなものは持っていません。
ブラックリストのうわさはどこから出たもので、融資を受けられない人の名前はどんな扱いなのでしょう。
信用情報機関という情報機関が存在し、ローンやクレジットカードの作成など金融商品を利用した人のデータが集積されます。
信用情報に登録された人が、ある一定期間、返済が滞ったり破産したりした場合に登録されます。
これが延滞情報、事故情報と呼ばれるもので、信用情報機関にはその人が問題のある人として記録されているのです。
信用情報機関が保有する事故情報は審査の結果を左右するため、ブラックリストと見なされています。
ブラックリストというそのものずばりの名前のものは、ありません。
融資についての事故情報が登録されてしまった状態がブラックリストに載っていると表現されているのです。
ブラックリスト入りの状態になると、審査に極端に通りにくくなります。
クレジットカードの申込みをしても審査を通ることが難しくなります。
ブラックリストに載ると融資を受けるためのクレジットカードが作れなかったり、ショッピングローンを組むときに審査が通らず融資を受けられなくなります。
専業主婦でもアコムマスターカードなら審査通りやすい?