クアッドコアよりもすごいiPhone5sって?

iPhone5sはA7プロセッサを搭載しているので、64ビットという速さで処理ができるようになりました。
そこから、デュアルコアでありながらクアッドコアの他社のスマホよりも高性能と言われているんです。
スマホの中でも最速のベンチマークを記録しているんです。
つまり、デュアルコアの方がメモリが少なくて済むようになっており、電力消費の効率も良くなっているんです。
ほとんどのスマホがクアッドコアなのに対して、iPhone5sはデュアルコアとなっていますが、その分劣るということもなく、むしろ高性能を証明しているんです。
ここから、電池の持ちがよくなるというメリットにもつながるんです。
スマホにおいて充電がどれだけ持続するかというのが、かなり重要な問題となってきます。
iPhoneレポート+ 機能の噂・ケース情報【iPhone7まとめ】